名古屋大病院 肺がん見落としで死亡 一年間で3例目

投稿日:

名古屋大病院 肺がん見落としで死亡 一年間で3例目

名大病院

1:

名古屋大学病院で80代の女性患者に対するがんの転移を調べる検査で、肺の異常を発見しながら3年以上、放置する医療ミスがありました。女性は去年、肺がんで死亡しました。

 名古屋大学病院の調査委員会によりますと、2011年に「耳のがん」と診断された80代の女性が転移を調べるCT(コンピューター断層撮影)検査を受けました。診断した医師は肺に影を確認して報告書に記入しました。しかし、女性の主治医や他の医師がこの結果を見落とし、3年後に改めて検査をするまで放置されていました。女性は去年、肺がんで死亡しました。病院は「期待を裏切って申し訳ない」と遺族に謝罪するとともに、検査結果の共有を進め、「再発防止に努めたい」としています。

名古屋大学病院では、肺がんを見落としていた患者が死亡していたことを去年12月と今年9月にも
発表していて、1年間で3例目になります。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000090974.html

引用元: ・名古屋大病院 肺がん見落としで死亡 一年間で3例目 [無断転載禁止]©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.