【股関節ストレッチ】可動域を広げて柔らかくする方法☆驚異の下半身痩せ効果♪

投稿日:2017年1月7日 更新日:

【股関節ストレッチ】可動域を広げて柔らかくする方法☆驚異の下半身痩せ効果♪

ウェストのくびれや細い美脚を手に入れたい!けど全然うまくいかないと悩んでいる女性にお勧めしたいのが「股関節ストレッチ」です。股関節の柔軟性をアップするエクササイズが、下半身痩せにとにかく効果的と話題なんです。

下半身デブの方がダイエットで痩せにくい原因のひとつが股関節が硬く、可動域が狭いこと。逆に股関節を柔らかくすれば、自然と下半身痩せできる体質になってスッとぜい肉が落ちていきますよ^^

ということで、今回は自宅で簡単にできる股関節ストレッチの具体的なやり方と、股関節を柔らかくするとどんな効果があるのかなどをご紹介していきます♪

股関節の柔らかいと下半身痩せダイエットは成功しやすい♪

shutterstock_311562845
「食事を減らしてお菓子を我慢して、エクササイズまでしてるのに下半身が全然痩せない!」と悩む女性は多いです。上半身は痩せたのに、どうしても太ももやお尻のぜい肉が取れない。そんな方は、股関節の柔らかさが足りないせいかもしれません。

「股関節が硬くても困らない」と思うかもしれませんが、下半身を痩せやすくする鍵は股関節の柔軟性にあります。股関節の可動域が狭く開きっぱなしだと、お尻、太もも、ふくらはぎに筋肉や脂肪がついて下半身デブになってしまうからです。

股関節ってどこのこと?

img02

股関節は、太ももの骨(大腿骨)と骨盤をつないでいる部分。骨盤は胃や腸など内臓を支える体の中心。この骨盤と下半身をつなぐ股関節はまさに重要パーツなんです。

それだけに、股関節の周りには23もの筋肉がついていて、他の体の関節と比較しても複雑な動きができます。例えば、曲げる、伸ばす、内側・外側にねじるなど。

股関節が硬いとこの23もの筋肉の可動域が狭くなるので十分に使われません。消費エネルギーも小さくなり下半身太りにつながるのです。逆に、股関節を柔らかくして可動域を広くすれば、それだけ筋肉が鍛えられて痩せ効果がでやすいんです♪

股関節を柔らかくすると痩せる!健康にも効く10の効果

shutterstock_294736622
股関節を柔らかくすると、痩せ体質になれることに加えて、健康上の悩みもホントに多く解消されていきますよ。股関節が硬いとどういう悪影響があるのか、それが股関節を柔らかくするとどう解消されるのかを、ご紹介していきます。

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.