皮膚のかゆみは掻くと黒ずみに!メラニンの黒ずみを消す方法10選♪米ぬか美容法も

投稿日:2017年1月11日 更新日:

皮膚のかゆみは掻くと黒ずみに!メラニンの黒ずみを消す方法10選♪米ぬか美容法も

寒くなると気なるのは乾燥です。背中や足が痒くなることがありませんか?

かゆみは本当につらいですよね。起きているときは我慢できたとしても、眠っている間に掻きむしってしまうことも・・・・。そんなことを繰り返しているうちにいつの間にか皮膚が黒ずみんでしまったことはありませんか?

「皮膚に茶色いウロコが?」
「背中がガサガサで薄いアザみたいになってる!!」

大ショックですよね。とても気になるこんな黒ずみも改善し治すこともできるんです。ということで、今回は、かゆみや黒ずみの原因、メラニンの黒ずみを消す方法10選などをご紹介します♪背中や足など、目立つ場所の黒ずみを一掃しちゃいましょう♪

かゆみの原因は?角層の役割とヒスタミン

私たちの皮膚の表面にある角層は厚さが0.02ミリしかありません。しかし、この0.02ミリの角層は、バリアと保湿という大切な役割があります。

この角層が外部のほこりや菌などから肌を守り、体内の水分がどんどん蒸発して、体が乾燥してしまわないように守っているのです。この角層が壊れると、いろいろな刺激に反応しやすくなり、ちょっとした摩擦などで「かゆみ」を起こします。

角層の下に表皮と真皮があり、真皮の中にある「かゆみを起こす細胞(マスト細胞)」がヒスタミンを放出するために、痒くなってしまうのです。

ドライスキンはかゆみの原因!バリア機能も低下


正常な皮膚の表皮は適度な水分と皮脂によって、うるおいが保たれて、バリア機能を果たしています。しかし、皮膚が乾燥してしまうと表皮から水分や皮脂が奪われて、角層の膜が壊れてバリアが働かなくなってしまいます。

そのためにドライスキンになると皮膚はちょっとした刺激に反応して、痒くなってしまうのです。髪の毛1本、タグの角や縫い目、ウールの毛、化学繊維の静電気など刺激はたくさんあります。

なぜ掻きむしりが黒ずみの原因になるの?


黒ずみが黒く見えるもとはメラニン色素です。肌は刺激を受けるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする働きがあり、掻くという刺激がもとで、カラダはメラニン色素を作ります。

メラニンの正常な代謝とは?

メラニンが次のように正常に代謝されていれば、肌に黒ずみは残りません。

メラニンの正常な代謝
    • 1) メラノサイトに刺激

刺激を受けた表皮細胞が表皮の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)を刺激する。

    • 2) メラニンが生成

メラノサイトが黒ずみの原因メラニンの生成を始める

    • 3) メラニンが表皮細胞に

完成したメラニンは表皮細胞に取り込まれるものと真皮層に落ちていくものがある

    • 4) メラニンは表皮の代謝で剥がれ落ちる

表皮細胞に送り込まれたメラニンは、ターンオーバーのサイクルに乗り、表皮の生まれ変わりとともに押し上げられアカとなって剥がれ落ちていく!!

    • 5) 真皮層のメラニンもリンパや血流で代謝

真皮層に落ちたメラニンはマクロファージ(免疫細胞)に捕食されて老廃物としてリンパや血流にのって代謝される。

メラニン色素は常に生成されていますが、ターンオーバーやマクロファージ(免疫細胞)の活動によって、正常に代謝されていれば、皮膚が黒ずむことはありません。この生成と代謝のバランスが崩れていることが黒ずみの原因になるのです。

メラニンの色素沈着は代謝が間に合ってないから

肌が刺激を受けることでメラニンを生成してシミや黒ずみを作ります。ドライスキンで掻きむしることを繰り返しているうちに、メラニン色素の代謝が間に合わず、色素は沈着してしまうのです。

掻き過ぎによる色素沈着は掻いたところなら体のどこにでもできます。背中や足や腕にできてしまうと、服選びにも気を使ってしまいます。

ぜひ、治したいものですね。メラニンの代謝を促して、黒ずみを消す方法を考えましょう。

メラニン色素による黒ずみを消す方法10選

メラニン色素による黒ずみを消すためには、さまざまなアプローチを併行してやっていくのが効果的です。10選をご紹介するので取り入れやすいものから実践してみてください^^

1) ハチミツヨーグルトパックでピーリング


ピーリングにもいろいろありますが、ドライスキンの掻き過ぎによる黒ずみには、表皮をこすり落とすタイプのピーリングは向いていません。

黒ずみができて皮膚表面がガサガサになったりしているかもしれませんが、そもそも摩擦の刺激で角層を落とし過ぎたのが原因なのですから、摩擦するのはよくありません。

保湿しながらピーリングできる浸透タイプのパックがピッタリなのです。

効果的なピーリングのやり方
小麦粉にプレーンヨーグルトとハチミツを少し混ぜて、塗るのにちょうどよい硬さに調節して下さい。黒ずみが気になるところに塗って、ラップをして、5分くらいおいてから、優しくぬるま湯で洗い流して下さい。

ラップをするのは、パックが乾くときに皮膚から水分を奪わないようにするためです。パックの後はすぐに保湿剤を塗って、乾燥しないようにしましょう。

2) ターンオーバーの正常化


正常な皮膚のターンオーバーにかかる日数は28日~56日といわれています。ターンオーバーの周期は個人差がありますが、年齢によるものも大きく、20代では28日くらいだったものが30代~40代では45日程度かかるそうです。

ターンオーバーが遅い場合は角質が溜まって、表皮は厚くなったようになり、肌はくすみがちになります。黒ずみはターンオーバーが遅くなっていることが原因だと考えられます。

また、皮膚を洗いすぎたり、角質ケアをやり過ぎてしまうとターンオーバーが早まって、表皮細胞が核を持ったまま、角層に押し上げられて、未熟な細胞のまま表面に上がり、ゴワゴワした状態になってしまうのです。

皮膚が滑らかな状態とは、ターンオーバーの途中で死んだ細胞が表皮に上がってきて、生きた細胞をバリアしている状態です。ターンオーバーは遅すぎても早すぎてもマイナスになってしまうのです。

ターンオーバーを正常に保つ方法
・規則正しい生活
・十分な睡眠
・バランスの取れた食事
・ストレスを溜めない習慣

こんな生活は誰でも憧れてしまいますよね。忙しい現代人にはちょっと無理なことでもあります。でも、何事も心がけがあるのとないのでは大違いです。できることだけでも、心がけるようにしましょう。

特に睡眠が不十分で、いつも眠いという方は肌のターンオーバーも正常でないかもしれません。次の記事で、ぐっすり眠るためのコツと効果的なやり方を詳しくご紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

3) 肌に必要なビタミンとミネラルを補給


ターンオーバーの正常化にあげたバランスのよい食事にも通じることですが、肌の新陳代謝には特にビタミン類が大切です。

ビタミンC

美白効果、黒ずみを消すには絶対に必要なビタミンです。コラーゲンの生成を促し、体内の活性酸素を取り除きます。また、酸化したビタミンEを復活させます。

ビタミンE

メラニンの生成を抑制し、細胞膜を作るのに必要なビタミンです。不足すると酸化から、シミを増やし、皮膚の抵抗力が下げてしまいます。”ビタミンE不足は美肌の敵”なのです。

アーモンド・くるみ・いわし・アボガドなどに含まれます。脂溶性のビタミンのために血液にのって肌に届けることができません。ビタミンEはアミノ酸と結合して肌にとどくのです。

油やタンパク質が不足すると肌に到達することができなくなるので注意しましょう。

ビタミンA

皮膚や粘膜の細胞を作るために必要なビタミンで新陳代謝を高める効果があります。角質層のNMF(天然保湿因子)の生成を促す働きがあります。不足すると乾燥肌やニキビ肌になります。

“レチノール”と“β-カロテン”の形で取ることができます。レバー・ウナギ・緑黄色野菜・卵黄などに多く含まれます。

ビタミンB群

肌のターンオーバーを正常に保ち、肌の新陳代謝を高めます。

  • ビタミンB2 :細胞の再生を助ける
  • ビタミンB3(ナイアシン):皮膚や粘膜の炎症を防ぐ
  • ビタミンB5(パテントン酸):皮膚に栄養を与える

ビタミンB群は皮膚への影響だけでなく、脳や神経に作用して心と体の健康を維持しています。バランスのよい食事をとっていれば、通常不足するビタミンではありません。極端な食事制限によるダイエットなどで不足してしまうビタミンです。

亜鉛

亜鉛は細胞分裂に必要なミネラルです。不足すると皮膚炎や湿疹やドライスキンになってしまいます。亜鉛はお酒を飲むとアルコールを代謝するときに大量に消費されます。

また、玄米などの未精製の穀物に含まれるフィチン酸は亜鉛や鉄と結合して体外に排泄されます。お酒を飲む機会の多い人や、未精製の穀物を多く取る人は、亜鉛を多くとるようにしましょう。

美肌への道はすぐに効果が出ないかもしれませんが、2週間から1ヶ月続ければ、徐々に肌の状態が改善されて良くなってくるのが実感できますよ。肌のターンオーバーを正常化して、かゆみも黒ずみも無い、ぷるぷる肌を手に入れちゃいましょう♪

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.