iPS視細胞移植で目に光 理研、失明マウスを使い確認

投稿日:

iPS視細胞移植で目に光 理研、失明マウスを使い確認

網膜色素変性症

1:

iPS視細胞で目に光
失明マウス、理研が初確認

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)を網膜の視細胞に変化させ、末期の「網膜色素変性症」で失明したマウスに移植すると、目に光を感じるようになったとの研究成果を、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが10日付の米科学誌電子版に発表した。

 光を感じる機能を、iPS細胞を使って回復できることを確認したのは初めてという。万代道子副プロジェクトリーダーは「現段階では少し光が分かり、視野が少し広がる程度だと思う」と説明。 人のiPS細胞でも検証し、臨床研究を2年以内に申請したいとしている。

共同通信 2017/1/11 02:00
https://this.kiji.is/191597782826369025

引用元: ・【科学】iPS視細胞移植で目に光 理研、失明マウスを使い確認 ©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.