赤レンガの北海道庁旧本庁舎(札幌)の旅

投稿日:

赤レンガの北海道庁旧本庁舎(札幌)の旅

赤レンガの北海道庁旧本庁舎の旅

北海道庁旧本庁舎の旅行ガイドです。

北海道札幌市に威風堂々と立ち聳えるのが、その姿から赤れんが庁舎とも呼ばれる、北海道庁旧本庁舎です。

アクセスは

・地下鉄南北線・東豊線・JR線「さっぽろ(札幌)」 下車、徒歩8分
・地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」 下車、徒歩9分

現代的な札幌の街に、赤いレンガとそれを囲う緑が素敵。タイムスリップスポットです♪

「北海道庁旧本庁舎」は天気が悪くても楽しめる観光スポット

札幌駅からほど近く、お天気が悪くても楽しめる観光スポットですよ。札幌を象徴するテレビ塔や大通公園からも歩いて回れる位置にあるので、札幌に来たらぜひ立ち寄ってみてください。

旧本庁舎までの通りには、両側に大きく枝を伸ばした銀杏の並木が続いており、新緑の時には爽快な気分に、紅葉の時にはロマンチックな気分で歩くことができますよ。

2014年には、江別産の赤レンガを敷き詰めた歩行者専用スペースもできたので、カップルでファミリーでグループで、ゆっくり歩いてください。

そんな並木に先導されて旧本庁に入ってみましょう!

旧本庁前の庭園は無料開放されていて、観光客はもちろん、道民の憩いの場になっていますよ。

四季折々のイベントが開催されており、私が行ったときには北海道地場産イベントが開催されていました。

実は隠れたお花見スポットでもあるんです。特に八重桜がたくさん植えられていて満開になるのは5月中旬ごろ。

そして冬には雪が装いを変えますよ。赤いレンガに積もる白い雪。囲む木々は常緑樹なので、まさにクリスマスカラー!外国のクリスマスのような景観にうっとりします。

そして、夜にはライトアップされていますので、木々や花、時には銀世界に囲まれた、闇に浮かぶ赤れんがの姿も楽しむことができますよ、

赤れんが庁舎こと、北海道庁旧本庁舎

門をくぐると、古き良き時代の日本にタイムスリップしたかのような気持ちになります。

大きな敷地内に、ゆったりとどっしりと腰を下ろした旧本庁舎。御覧のように赤れんがで創られていることから「赤れんが庁舎」とも呼ばれています。間近で見ると圧巻で、聳える塔がお城のようです!

道産のれんがをおよそ250万個使用して建てられているそうです!

貴族がお住まいのような内装に感動

中へ入ってみると、そこは、宮廷のような佇まい!

ちょっと昔の、図書館のような独特なあの匂いがしますよ。

ふわぁ~!と思わず声が出てしまいました。貴族がお住まいのような内装に感動します。

艶のある手すりや、重厚な大きな扉。軋む木の廊下に赤い絨毯の階段。

柱の一つ一つが、まるで芸術作品のようです。アーチ状の天井も、ここがお堅い北海道庁だったなんてちょっと想像がつきません。それほど贅沢な造りになっています。

歴史なんかわからなくても、ここに来れば北の地北海道を開拓してきた先人の熱い思いが伝わってきます。

一見の価値あり!

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.