【駅弁】東京駅の駅ナカ肉弁当売れ筋ランキング!がコレ!!

投稿日:

【駅弁】東京駅の駅ナカ肉弁当売れ筋ランキング!がコレ!!

no title
1: 名無しダイエット 2019/06/29(土) 10:34:17.54 ID:QWg5aMJh9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00000009-nikkeisty-life
1日に数十万人の乗降客が行きかう東京駅は、都内に数百あるほかの駅とは異なった特徴を持つ。駅弁を買いたくなるのだ。なにしろ、地方への大動脈である新幹線がひっきりなしに発着するのだから駅弁を手にせずにはいられない。それも、世の肉ブームに呼応してか、がっつり肉弁当に人気が集まる。JR東日本グループが運営する東京駅の駅ナカ3施設、グランスタ、エキュート東京、エキュート京葉ストリートの肉弁当売り上げトップ3を販売施設別に紹介する。

グランスタ

第1位 「スペイン産ベジョータ イベリコ豚重」(税込み1100円) 販売店:イーション

お化け駅弁である。グランスタが公表する弁当の売り上げランキングで、2007年の開業時から最新ランキング(18年冬)まで、1位を誇る。スペイン産ブランド豚イベリコ豚の中でも全体の数パーセントしかないという最高ランクの肉「ベジョータ」をふんだんに使用。良質で甘みのある脂身を生かした駅弁で、多いときには1日約1300個を販売。今回の調査で3施設を合わせたすべての売り上げランキングでもトップに立った。

グランスタでの人気弁当は「少し豪華でテンションが上がり、何の弁当か分かりやすいもの」(グランスタ)と言い、その傾向にピタリとはまる。「発売当初は様々なおかずとご飯を詰め合わせた弁当が主流だったので、万人受けはしないのではないかと思った」(同)と言うが、予想を大きく覆し名物弁当となった。店内厨房があり、出来たてはさらにおいしいそうで、特に夕方に並ぶ数が多いので狙い目だという。

第2位 「牛肉弁当」(税込み1295円) 販売店:浅草今半

以下ソースで読んで


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2020 AllRights Reserved.