中国人「日本を訪れ、ようやく本物の神戸ビーフを食べてみたwww」

投稿日:

中国人「日本を訪れ、ようやく本物の神戸ビーフを食べてみたwww」

no title
1: 名無しダイエット 2019/10/06(日) 19:49:31.35 ID:W3WEF2h89
2019-10-06 09:12
http://news.searchina.net/id/1683166?page=1

多くの中国人が日本旅行を楽しむようになっているが、そんな旅行者の楽しみの1つが日本で美食を堪能することだ。中国メディアの今日頭条は1日、「本物の神戸ビーフを食べた」体験を紹介する記事を掲載した。

 神戸ビーフとは、「但馬牛」のうち厳しい品質基準を満たした選りすぐりの牛肉のみを指すブランドだ。そのため、流通量が少なく、価格も高額で、記事の中国人筆者が以前に日本で食べた牛肉が450グラム1200元(約1万8000円)だったと話した際に、本物の神戸ビーフはそんなに安くないと言われてしまったそうだ。

 では、「本物」は何が違うのだろうか。記事は、肥育の手間が違うと指摘。基準が非常に厳しく、純血でなければならず、「ビールを飲ませたり音楽を聞かせたり、マッサージも施して、飲ませる水にもこだわりがあり、牧草には薬草を入れて育てるケースもあるという」と紹介、いかに手間をかけているかを伝えた。

 では、外国人観光客が「本物」かそうでないかをどうやったら見分けられるのだろうか。記事は、和牛はたとえ神戸ビーフでなくても非常においしく外国人には全くわからないとしているが、2つのアドバイスを紹介している。まずは最高等級の神戸ビーフは価格が100グラムで5000円はすると紹介。さらには等級を尋ねれば証明書を見せてくれるはずだとアドバイスしている。

以下ソースで


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2020 AllRights Reserved.