【研究】幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症のリスクが最大55%も少なかった!!

投稿日:

【研究】幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症のリスクが最大55%も少なかった!!

dog_cat_nakayoshi

1: 名無しダイエット 2019/12/26(木) 18:05:24.06 ID:vCBchSWW9
幻聴や幻覚を伴う統合失調症の発症リスクに関する過去の研究で、「盲目であることが統合失調症から身を守る」ということが明らかになっています。アメリカの研究チームが行った新たな調査によって、「幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症になるリスクが少なかった」ということも判明しました。

Exposure to household pet cats and dogs in childhood and risk of subsequent diagnosis of schizophrenia or bipolar disorder
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0225320

Having a Dog as a Child Is Tied to a Lower Risk of Schizophrenia as an Adult - The New York Times
https://www.nytimes.com/2019/12/24/well/mind/having-a-dog-as-a-child-is-tied-to-a-lower-risk-of-schizophrenia-as-an-adult.html

統合失調症の発症リスクを高める原因については、遺伝的な要因があると判明しているほか、子ども時代の家庭や学校における心理社会的なストレスも要因の一つといわれています。そこで、研究チームは民間の精神科病院であるSheppard and Enoch Pratt Hospitalと協力し、統合失調症や双極性障害の発症リスクと幼少期に飼っていたペットの関連について調査しました。

研究では、Sheppard and Enoch Pratt Hospitalで治療を受けている396人の統合失調症患者と381人の双極性障害の患者、対照群として594人の健康な人々を対象に調査を実施。研究者は被験者に生まれてから12歳までの幼少期に犬または猫を飼っていたかどうかを尋ね、もしペットを飼っていた場合は最初にペットと接触した時期と、最後にペットと接触した時期を回答してもらったとのこと。

調査の結果、被験者の半数以上が幼少期に犬を、3分の1近くが幼少期に猫を飼っていたことがわかりました。その他のリスク要因を排除して結果を分析したところ、幼少期に犬と接触していた人は、統合失調症になるリスクが24%も低かったことが判明。また、生まれた時点ですでに犬を飼っていた人においては、統合失調症になるリスクが55%も少なかったと研究チームは述べています。

by pen_ash

研究を率いたジョンズ・ホプキンズ大学のRobert H. Yolken教授は、「犬が統合失調症に影響を及ぼすメカニズムはまだわかっていません」と述べつつも、人間の腸内細菌などの要素が統合失調症のリスクに影響を与えることを指摘。犬を飼っていたことにより、人間の腸内細菌や保持する微生物の種類が変動して、統合失調症になるリスクを下げている可能性があると述べました。

なお、今回の研究においては、犬を飼っていたことが双極性障害のリスクに与える影響や、猫が統合失調症および双極性障害のリスクを変動させるといった結果は出ませんでした。かつて、「幼少期に猫を飼っていた人は統合失調症になるリスクが高い」といわれたこともありましたが、2017年に発表された論文では、猫と統合失調症になるリスクの関係性は否定されています。
no title

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20191226-dog-childhood-lower-risk-schizophrenia/


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2020 AllRights Reserved.