京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚!! 脳に重度障害を負い3歳で死亡

投稿日:

京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚!! 脳に重度障害を負い3歳で死亡

1:
出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を行う京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で医療過誤が相次いで発覚した問題で、2011年に無痛分娩で出産した京田辺市の別の夫婦の長女も脳に重度障害を負っていたことが13日、分かった。

両親によると、子どもは意思疎通ができない寝たきりとなり、介護の末に3歳で亡くなったという。夫婦は13年、同医院に対し、医療ミスが原因だとして介護費や慰謝料など計約1億円を求めて提訴。京都地裁で係争している。

訴状などによると、母子ともに妊娠中から同医院で検診を受け、異常はなかったという。11年4月19日、同医院は分娩監視装置を装着せず、無痛分娩のための硬膜外麻酔を実施し、さらに陣痛促進剤を注入した。吸引分娩と腹部を強く押した後に、帝王切開で出産したが、子どもは仮死状態で出生した。同医院は約4時間後に宇治市の総合病院に転院させた。

夫婦側は「産婦人科診療ガイドラインに定められた監視装置を装着せずに陣痛促進剤を使用し、硬膜外麻酔を実施した」と指摘。そのうえで、「促進剤を過剰投与し、高濃度の麻酔を使用し、決められた妊婦の血圧測定もしなかった結果、低酸素脳症を発症させた」と主張している。

ふるき産婦人科は取材に対し、「裁判になっていることなので取材に応じられない」と話した。

同病院をめぐっては、無痛分娩による硬膜外麻酔ミスで京都市左京区の母子、京田辺市の母子の計4人が意思疎通や自発呼吸ができなくなるなど重度障害を負ったとして、2件の医療過誤訴訟が京都地裁に提訴されている。ふるき産婦人科に損害賠償を求める訴状を手に「本当に悔しい。娘を返してほしい」と語る父(京都府内)

https://amd.c.yimg.jp/amd/20170614-00000000-kyt-000-4-view.jpg
 

配信 2017年06月14日 07時30分
京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170614000027
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00000000-kyt-l26

関連スレ ※ふるき産婦人科 他2件の訴訟
【京都】「麻酔ミスで母子とも植物状態」 家族、京田辺市の「ふるき産婦人科」を提訴…医院側は全面的に争う姿勢★2
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496836646/
【社会】無痛分娩の麻酔ミスで母と子が植物状態に 夫らが京都の産婦人科医院に9億4千万円の損害賠償を求め提訴★3
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1497397055/


引用元: ・【京都】「娘を返してほしい」 京田辺市の「ふるき産婦人科」 無痛分娩で脳障害3件目発覚 3歳で死亡 [無断転載禁止]©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2020 AllRights Reserved.