オバマ大統領「大麻は煙草や酒と同様に扱うべき」 退任前に大統領令で連邦での医療大麻解禁に踏み切るとの見方も

投稿日:

オバマ大統領「大麻は煙草や酒と同様に扱うべき」 退任前に大統領令で連邦での医療大麻解禁に踏み切るとの見方も

大麻3

1:

退任する大統領は、常に禁じられているスケジュール1薬としてマリファナをリストアップしたリチャード・ニクソン大統領の1970年の命令を変える大統領令に署名するだろう。この命令は1960年代の「ヒッピー文化」への牽制と言われていた。

若い時のマリファナ経験について書いたバラク・オバマ大統領は、退任前にマリファナを合法化するだろう。彼はマリファナを医師の処方箋があれば連邦法でも合法であるクラスIIの薬物にする。その場合でも各州はマリファナを非合法にし続けることができるが、既に米国の約半数の州は特定の限度内で医療用マリファナや嗜好用マリファナを許可している。オバマ大統領は、マリファナはたばこと酒のように扱われるべきだと言います。

オバマ大統領は、「合法化が万能策だと信じてはいない」と述べた。「しかし、私はマリファナを公衆衛生の問題として扱い、たばこや酒と同じように使用する方がスマートだと考えている。司法省やDEA(麻薬取締局)が法律のつぎはぎを強制するのは、長期的には一貫していない。ある州で合法的なものが、別の州で20年の懲役刑を科す可能性がある」と、オバマ氏はローリングストーン誌に語った。

リバタリアンの大統領候補者ゲイリー・ジョンソンはワシントン・タイムズで合法化を予測した。ジョンソン氏は、オバマ大統領が退任する1月20日の前に、特に有害で中毒性が高いとされる麻薬の「スケジュールⅠ」リストからマリファナを取り除き、連邦政府の政策を一筆で変えると考えていると語る。

ジョンソン氏はワシントンタイムズ紙に語った。「酒と同じようになるだろう。オバマ大統領は退任前に、大麻をクラスⅠから変更すると予測している。私は彼が変更を実現させる事を望んでいたが、彼はそれを退任前に行うつもりだと思う。それは間違いない」火曜日、オバマ大統領は薬物犯罪で有罪判決を受けた79人に恩赦を与え、彼らの判決を減刑した。オバマ氏は10人の前任者以上に1000人の犯罪者を赦免した。彼の政権の下で、DEAは大麻を合法化する州をほぼ無視していた。 DEAは、政策の問題として大麻犯罪に殆ど手を付けていないマリファナは現在、LSDやヘロインなどの薬と並んで「スケジュール I」のリストに載っています。DEAは、クラスIの薬物が、乱用の可能性が高く、現在受け入れられている医療用途ではないと定義している。

民主党のヒラリークリントン氏は、スケジュールまたはクラスIIの下での薬物の再分類を提案した。これらの薬物には、コカインが含まれるが、医療処方で入手可能なオキシコドンのような特定の鎮痛剤も含まれる。ジョンソン氏のキャンペーンは、元知事が大統領が規制物質リストから大麻を取り除き、各州が合法化し規制を彼らとその有権者が選ぶことを可能にすることを望んでいることを言い続けると述べた。

http://www.washingtontimes.com/news/2016/mar/29/gary-johnson-predicts-obama-will-reclassify-mariju/

http://www.smobserved.com/story/2016/12/05/news/obama-will-sign-executive-order-removing-marijuana-from-schedule-one/2301.html

原文は>>2以降

引用元: ・【大麻解禁】オバマ大統領「大麻は煙草や酒と同様に扱うべき」 退任前に大統領令で連邦での医療大麻解禁に踏み切るとの見方も [無断転載禁止]©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.