朝、笑顔で送り出すと事故が少ない ぐっすり寝て、すっきり目覚めるためのポイント 質の良い睡眠は最高の美容と健康法

投稿日:

朝、笑顔で送り出すと事故が少ない ぐっすり寝て、すっきり目覚めるためのポイント 質の良い睡眠は最高の美容と健康法


ぐっすり眠て、すっきり目覚めるのは理想の「睡眠」ですよねにんまり
でも実際には、スムーズに眠りに入れなかったり
眠りが浅かったりと、睡眠に関する悩みが多いみたい涙
そこで今回は「ぐっすり眠て、すっきり目覚める」ためのポイントを紹介注目
「そんなの知ってるよー」と思っても、今一度、チェックしてみて下さいね。

ぐっすり眠るためのポイント1
眠る前の飲酒、カフェイン、喫煙はNG。

コーヒーや栄養ドリンクなどに含まれるカフェインは
脳を覚醒させる働きがあるので夕方以降の摂取は避けましょう。
また眠る前のお酒は眠りを浅くするので要注意です。

ぐっすり眠るためのポイント2
心地よい入浴は深い眠りを誘います。

40℃くらいのぬるめの湯船につかり、
風呂から上がって30分~1時間後におふとんに入るのがおすすめ。
一度身体を温めることで体温が上がり、その後体温が下がることで
自然と眠りに入りやすくなります。

ぐっすり眠るためのポイント3
リラックスモードに入れる環境を。

眠る前の部屋の明かりはブルーライトを控え、
暖色照明や間接照明にしましょう。
また、パソコンやスマートフォンなどの明るい光は脳を興奮させるので
寝る1時間前には使用を控えましょう。
お部屋を心地よい温度と湿度に整えるのもお忘れなく。

ぐっすり眠るためのポイント4
眠る時はパジャマ・ネグリジェなど、「寝間着」に着替えましょう。

「餅は餅屋」ということわざの通り、
やはりそれ専用に作られたものにはそれなりの良さがあります。
また寝間着に着替えることで、交感神経から副交感神経へと切り替わり、
入眠しやすくなります。

すっきり目覚めるためのポイント1
朝日を浴びましょう。

1日の始まりに日差しを浴びましょう。
体内時計がリセットされ活動状態に切り替わります。
正しい体内時計のリズムで1日をスタートすれば夜の寝つきも良くなります。

すっきり目覚めるためのポイント2
目覚めには熱いシャワーがGOOD!

少し熱めのシャワーは水流と温度の刺激で交感神経を刺激し血圧を高めます。
時間の目安は約3~5分がよいようです。

すっきり目覚めるためのポイント3
朝食で心と身体が目覚めます。

眠っている間も身体はエネルギーを消費しています。
つまり朝はエネルギーが不足気味。
朝の決まった時間に食事で栄養を摂取し、体内リズムを整えましょう。
特に糖質は脳が働くための唯一の栄養素です。
糖質を摂ることで、脳の活動が活発になります。

ぐっすり寝て、すっきり目覚めれば、仕事も学業もスムーズにこなせますね。
しかも、朝送り出す時に笑顔で送り出すか、不機嫌な顔で送り出すかで、
その日一日の「事故率」が変わるのだそうです。
もちろん、笑顔で送り出した方が事故が少ないにんまり
健康と美容のためだけでなく、家族の安全のためにも
質の良い睡眠をとることを心掛けたいですね。

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.