冷え症対策 体を温めて万病を防ごう! 足先の冷え対策、ポイントはビタミン・ミネラルと・・・

投稿日:

冷え症対策 体を温めて万病を防ごう! 足先の冷え対策、ポイントはビタミン・ミネラルと・・・


寒い夜には、熱々のおでんや鍋料理が食べたくなります。
これは体を温めて健康を保持ようという本能によるのかもしれません。
古来より体の冷えは「万病の元」といわれてきました。
寒いこの時期、屋外に出れば体が冷えるのは仕方ありませんが、
暖かい部屋に入っても、手足の先がいつまでも冷たいままで
慢性的に冷たく感じる場合には、冷え症の可能性があるので、要注意です!

人間は血流を調整したり汗をかいたりすることで体温を一定に保ちます。
皮膚で寒さを感じると、自律神経の働きで血管を縮めて
血液の流れをゆっくりとさせることで、体内から熱を逃がしにくくします。
一方、熱いときには血管を広げ、汗をかいて熱を逃がすことで
体温を一定に保っています。
しかし、貧血・低血圧・血管障害など循環器系の障害、
ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れ、
きつい下着や靴などによる体の締め付け、
加齢による筋肉量の減少やホルモンの乱れなどにより
血管の収縮や血流の調整が悪くなると、冷え症の原因となります。

冷え症を予防するには、自律神経のバランスを保って
血流を良くすることを心掛けましょう。

そのためには日頃から栄養バランスがとれた食事を心掛け、
よく運動することが大切です。
特に冷え性の予防にはビタミンとミネラルをしっかり摂ることがポイント。
これらを豊富に含んだ食品を摂り、体を中から外からダブルで温めましょうね。
冷たい食品を摂りすぎないことも大切ですよ。


運動としては、一日30分のウォーキングに加えて
下半身を鍛えるスクワットやストレッチがおススメ!
足には全身の約7割の筋肉が集中しているので
筋肉量を増やす上で効果的ですし、
自律神経のバランスを保つ働きもあります。
筋肉は脂肪よりもたくさんの熱をつくり出すので
冷え性の方は筋肉を増やす努力をしたいですね。

今週も寒さが厳しい日が続きます涙
体が冷えると体の不調だけでなく、
心も鬱っぽくなるなどの不調を感じてしまいます。
寒いとウォーキングへ行く気持ちがくじけそうになりますが^^
室内でもできるスクワットなどを取り入れて
体を冷やさない工夫を心掛けたいですね。

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.