「少量のお酒なら体に良い」は間違い。アルコールはガンの原因、少量でもアウトーー

投稿日:

「少量のお酒なら体に良い」は間違い。アルコールはガンの原因、少量でもアウトーー

赤ワイン

1:

一般的に、「赤ワインは体に良い」「少量のお酒は体に良い」などといわれていますが、オーストラリアがん協議会によると、国内のがん患者の2.8%が飲酒に関連しているそうです。アルコールの量や種類にかかわらず、飲酒はがんに直接関係があると報道されています。

7種類のがんに飲酒が関連

論文雑誌「Addiction(アディクション=英語で中毒)」で、ニュージーランドのオタゴ大学のジェニー・オコナー氏は自らの研究から、「アルコールは肝臓だけではなく、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、結腸がん、大腸がん、乳がんなど7種類のがんに関連している可能性がある」との見解を示した記事を執筆しました。
 

その研究では、世界的に発表された関連データ10年間分を収集した結果、2012年だけでもがん死亡の5.8%がアルコールに起因していることが明らかになったとしています。さらに、世界がん研究基金(WCRF)のスザンナ・ブラウン氏は、アルコールによって、特に大腸がんと乳がんのリスクが高まると注意を促しています。

毎日グラス1杯の赤ワインは心臓に良い、というのはウソ?

「1日1杯の赤ワインが心臓に良い」というような少量のアルコールに“効能”があるとする説についても、
オコナー氏は「一連のがんのリスク上昇との比較において関連性はない」と否定しています。このことは、ここ10年間にWCRFや世界保健機関(WHO)の外部組織である国際がん研究機関(IARC)などの組織によって行われた研究データを分析した結果、導き出されました。

中略

アルコールの効能についてはこれまでも賛否両論ありました.。

こちらの研究結果を参考にすると、毎日晩酌をする習慣のある人はまず、飲酒量を減らすことから始めたほうがよさそうです。前述のブラウン氏は言います、「私たちは、がん予防のために、きっぱり飲酒を止めることを長い間勧めている。けれども、それは『言うは易く行なうは難し』ということもわかっている」と。

結局、お酒は体にいいの?悪いの?
https://www.kango-roo.com/sn/a/view/3663

引用元: ・「少量のお酒なら体に良い」←嘘です。お酒はガンの原因です。少量でもアウト [無断転載禁止]©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2017 AllRights Reserved.