「座りション」に排尿障害や前立腺肥大、前立炎症を起こす可能性があるらしいのだが…

投稿日:

「座りション」に排尿障害や前立腺肥大、前立炎症を起こす可能性があるらしいのだが…

座っておしっこ

1:

以前、しらべぇでは男性が座っておしっこをする「座りション」が増えていると伝えた。いったいどういう男性が「座りション」をしているのだろうか?本調査ではもう少し深く掘り下げ、その実態に迫ってみた。

■4割の男性は「座りション」派!

しらべぇでは、全国の20代~60代の男性684名を対象に「家のトイレで座っておしっこをする?」と質問。すると、全体では4割の人が「座りション」派だとわかった。近年増えてきたと言われる「座りション」だが、年代別の数値では大差なく、若者の間だけでの流行りではないようだ。もしかしたら水面下で、男性が「座りション」にシフトするムーブメントが起こっているのかもしれない。

■「座りション」は関西よりも関東で浸透か

都道府県別で調査してみると、どうやら関東と関西では浸透度が違うようだ。関東の東京都、埼玉県、千葉県では4割を超えてきたのに対し、関西では大阪がギリギリ4割に達したが、兵庫県では2割にとどまった。「座りション」は、関東から関西へ伝播していったものとも考えられる。

■知っておきたい「座りション」のリスク

「座りション」は周りにおしっこが跳ねないなどのメリットもあるが、実はリスクがあるとも言われている。

①残尿率が高まる

本来、男性のカラダは立って尿を足すようにできている。尿を前へと飛ばすために、腹筋と骨盤底筋に力を入れて排尿しなければいけないところを、座りションだと体内で尿道が塞がれてしまう。そのため、すべて出きらずに長い尿道の途中に、尿が残ってしまう可能性がある。

②排尿障害や前立腺肥大にも…

残尿による炎症が起こると、排尿障害や前立腺肥大、前立炎症を起こす可能性がある。最悪のケースだと、この炎症から膀胱がんや精巣がんになる危険性も指摘されている。「座りション」派の男性は、残尿感はないだろうか?心当たりがあるのなら、気をつけたほうがよいかもしれない。

(文/しらべぇ編集部・chan-rie)

http://sirabee.com/2015/12/06/65747/

引用元: ・【健康】知っておきたい「男の座りション」のリスク 排尿障害や前立腺肥大、前立炎症を起こす可能性も ©2ch.net


続きを読む

<スポンサーリンク>
●エステ顔負けの全身「美」痩せ術●大澤美樹監修 ボディスタイリングダイエット「ボディ☆スタ」
●辛いカロリー制限やキツイ運動もなく、理想の体型を維持して生活習慣病も防ぐ食事法! 誰でもできる【荒木式】断糖肉食ダイエット~最短1ヵ月で-10Kg以上の実績(安心の返金保証:商品代金全額+迷惑料1万円)

-健康・美容・医療・サプリほか

  
 

Copyright© ウィット・スクウェア , 2021 AllRights Reserved.